三日坊ブ。

ナウでヤングな板...では決してナイです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Depeche Mode / Songs Of Faith And Devotion ('93)


音の壁★★★★
深&重&メロディ★★★★★
スピリチュアル濃度★★★★★


ノット・ゲッツ!(仕事)  どーも、ボク(塩が主食)です

Depeche Modeといえば、テクノポップの初期〜「people are people」に代表される硬質シンセ期〜余分な音を削ぎ落とし力強いモノへと昇華した
金字塔「Violator」もモノ凄くイイけれど、個人的にはその「Violator」の次に出された今作に、とってもとってもメロリンQ。

全英だけでなく全米でもno.1にも輝いたけど、これまでとは異質のもので好き嫌いが別れる問題作だなんて言われてますが好きさ好きさ好きさ。当時の
音楽シーンの影響もあり、これまでに無いくらい陰鬱で重厚で荘厳。でも根底のメロディには揺らぎが無い。なんか、ギリギリのところまで追い詰めて産み出されたんではないだろうか?と思える程かなりキテる内容なんです。

聴き所は、いきなりヘヴィなシンセ音から絞り出したようなヴォーカルに繋がる i feel you」。重厚シンセに荘厳なゴスペル・コーラスを被せて"音の壁"を成した名曲◆walking in my shoes」。ブ厚い手拍子と壮大なゴスペル・
コーラスをバックにヒューマンな味わいを聴かせる「condemnation」。そんなヘヴィな歌達に囲まれながらも、どこまでも美しい歌ァjudas」(歌:マーティン・ゴア)などなど全曲凄し。DM史上最も人間臭く最もネットリしたものが
テクノロジーと融合するさまは、ちょーさいこう!

そしてコレを己の墓場に持っていく。(墓場=コインロッカーの中ですヨ!)

| しりとり式 名盤探検隊 | 18:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
Lynyrd Skynyrd / Pronounced' Leh-nerd' Skin'-nerd ('73)


武骨&骨太具合★★★★★
メロディ★★★★

さっきまで、部屋の中を音速で駆け回っていたふんばるまんです。
ついにボクも空をトベそうな気がしたヨ!(うんこを極限まで我慢してました)

鳥に憧れるそんなボクが、晴れやかでホントにトベそうな気分になるのは、Allman Brothers Bandと並び評されるサザンロックの雄、レナード・スキナードの1stアルバムです。

印象的なギターリフとファンキーなリズムの軽快なロックンロールの i ain't the one」と「gimme three steps」、ちょっぴり哀愁なミディアムテンポ曲の◆tuesday's gone」(間奏のピアノにバシャ濡れ)&ぁsimple man」、真骨頂のルーズな骨太ソングАpoison whiskey」等仕上がり全てが男臭く、わりかしキャッチーな曲ばかりなんですが(次作「Second Helping」は更にキャッチーで聴き易い)、やっぱり問答無用の永遠ソング─free bird」無しではこのアルバムは語れますまい。

故デュアン・オールマンに捧げた、トリプルギターバトルが凄まじい、何千回聴いてもステレオの前で意味もなく何千回もスクッと立ち上がる9分8秒の彼らの代名詞曲かつ永遠の名曲のシビレ具合は1億ギガヘルツ。間違いなく降臨系です。

あーー空を自由に飛びたい(坂上二郎と)



| しりとり式 名盤探検隊 | 14:34 | comments(4) | trackbacks(0) |
四角食べ
肉じゃがを食べる
ホウレンソウのソテーを食べる
ライスを食べる
ミソ汁を飲む

肉じゃがを食べる
ホウレンソウのソテーを食べる
ライスを食べる
ミソ汁を飲む

C.C.レモンを飲む

肉じゃがを食べる
ホウレンソウのソテーを食べる
ライスを食べる
ミソ汁を飲む

肉じゃがを食べる
ホウレンソウのソテーを食べる
ライスを食べる
ミソ汁を飲む

C.C.レモンを飲む

C.C.レモンを飲む

C.C.レモンを飲む




チラシをながめるのって楽しい・・・。



腹へった・・・(うんこは無性に出てます)


| diary | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
悠久休暇
あれは運命だった・・・。そう、運命・・・。

さがしていたんだ・・・ずっと・・・ずっと・・・。


ひと目見たら、脳髄を「ブボボボボ」って下水がイッキに流れたんだ。

風呂の水も、台所の洗い水も、固めのうんこも掛け抜けていった・・・。


前世ではきっと、いや、間違いなく付き合っていたハズの相手・・・。

まためぐり逢えたんだね・・・また来世でも逢えるだろうか・・・。


ボクは・・・張り裂けんばかりの心臓の鼓動に耳を傾けながら・・・

今できる精いっぱいのことを、自分自身に託し・・・


もう離さないよ・・・離すもんか・・・


そしてボクは、おそらく、前世においても何回、何百、何千回も

おこなっていたであろうその儀式を・・・



遥かなる時をこえて・・・















朝マックやってなかったので帰りました。



| diary | 15:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
アンダープレッシャー
念願の圧力ナベを買った。


超理系の私(追加補充入学)にとってはこのナベがまさに楽しき実験場。

いろんなモノをナベに放り込むと、それらのモノは圧力に屈してホネ砕けになる。

先日カレーを作ったらニクはやわらか、イモはホクホク、おいしかった。



次は調子にのって、眼光鋭い百戦練磨の力士を入れてみた。

すると、まわしを恥じらうロン毛の男がちゃんこ鍋の具になっていた。ごっつぁんす。



またまた調子にのって、つぎは新聞紙をいれてみた。

すると、絶賛ばかりのつまらない内容になった。



とても興味が湧いて、最後に自分がナベに飛び込んだ。
   ・
   ・
   ・
   ・ 
   ・
暫くしてナベを出ると、柔らかいのは相変わらずチンコ(chinko)だけだった・・・。


いっそのことミドルネームを入れて改名をしようかなと思った。





その名も、ふんばるEDまん。






| diary | 10:45 | comments(0) | trackbacks(45) |
小往生
行った → ココ



たべた → コレ



さんずのかわのむこうがわ → コレ



| diary | 20:01 | comments(0) | trackbacks(44) |
存在証明とは
いま、電話兼fax機の前で独りfaxが来るのをジッと待っています。来るアテはありません。もしも来たら全力で喜ぼうと思うのです。生活を営む中でそんな喜びがあったっていいと思うんです。湯呑みの中で茶柱が5本も立っているときのように。

もしfaxが来たら、こみ上げる喜びをおさえて駅前に行き、夕方の情報生番組に生出演しているリポーターの後ろで、携帯で話しているフリをしながら「今、スゴクうんこがしたい!」というプラカードを掲げようと思っているんです。

くだらねぇ。と言われるかもしれないけど、これは、ボクがこの世に存在しているということを証明できるかどうかの真剣な賭けなんです。のるか、そるか。生放送に間に合う夕方16:00までfaxを待っています。用紙入ってないです。
| diary | 10:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
Emmylou Harris / Wrecking Ball ('95)


歌声★★★★
コク深★★★★
晩秋味★★★★★

こんにちわ便器の中からふんばるまんです。さあみんな、晩秋のテーマソングの紹介がはじまるヨ!(便所コオロギに向かって)

例えるなら"枯れた味わい"っていうんでしょうか。脳misoが枯れたボク(味ナシ)の耳にズッポシはまって久しいです。70年代にカントリーシンガーとして名をあげた彼女が90年代に放った、ターニングポイントとなるものすごーく渋い一発。グラミーも受賞しました。ちなみに次作「red dirt girl」も沁みます。

才人ダニエル・ラノア・プロデュース(U2とかで有名)というのにもタネがありますが、なんつーかこの"枯れた味わい"っていうんでしょうか(←コレがいいたい)。かつてのソプラノ・ヴォイスではなくて、カスレ気味でコクの深い声が醸し出す歌は何とも言えない味があります。人生のワビサビはここから学びました。

殆どがカヴァーや他ソングライター提供曲なんですが、特に、ラノワならではの乾いた音響空間を彼女の声がひらひらと舞う「where will be」、情感こもった表&裏声を繰り出し、散りゆく葉っぱにさよならするかのような哀しい歌声の「wrecking ball」、ディランやジミヘンのカヴァー他、ルーツ音楽を基調にした曲を音響的に施したアレンジや彼女の独特の歌声全般が晩秋のテイスト。ボクもトレンチコートと流し目の似合うシブイ男になりたいなと思いました(便器の中から)



| しりとり式 名盤探検隊 | 16:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
電リク相談室
おはようございます通称チン毛です。180cmあります。
さっき高校時代部活で一緒だった同級生のMという男から電話がかかってきました

「おぅー元気かよー?」からはじまった会話は5分ほど。内容をかいつまむと、つい1ヶ月前彼女にフラれたMは、10kgも痩せてしまい、更にその彼女が3日後に結婚すると知ってマスマス凹んで仕事中にボクに電話してきたのでした。

失意のドン底にある彼は「女ってホントわかんねぇよ・・・」とこの世の終わりとばかりに絶望感にうちひしがれた様子で、心配になったボクは「おい、元気だせよー」と励まし、「ありがとう。仙台に行ったら国分町に連れていってくれよ」「わかった、約束するよ」と言葉を交わして電話を切ったのでした。Mは妻子持ちです。
| diary | 17:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヘソがだいじ。



2兆8364億5290万1893回目になるジャンボ鶴田vs三沢光晴戦のビデオ観戦をしたボクです。少しサバ読みました。今ごろどこかのビルの会議室で部長が「XXXクン、今度のプロジェクトはキミに任せようと思うんだが」「ありがとうございます」「ぼちぼち課長のポストも視野に入れてくれたまえよ。よし今晩は景気づけにうなぎを食いに行こう」「ありがとうございます」というやりとりの後に、部長のオゴリでうな重大盛りを肝吸い付きで食べた後にキャバクラ行ってキャバ嬢とメルアド交換してるのに対し、ボクは雇用保険で買ったどんべえをすすりながら今日も元気に残飯を食べてます。ああ美味しい・・・。そして上司におもねる生き方をしない僕は意外と捨てたもんじゃないなと思いました。誰かドブに捨ててください。
| diary | 19:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ