三日坊ブ。

ナウでヤングな板...では決してナイです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Tom Waits / Heart Of Saturday Night ('74)


男の哀愁★★★★★
こんな大人になりたい★★★★★

きのう、父親から「栄養費」を貰いましたふんばるまんです。
道義的責任を痛感中です。

聴くときは、きまって背中に哀愁を漂わせ、目を細めて遠くを眺める。
ハタから見たら絶対イタイけど、とにかく眺める。
デビュー作「CLOSING TIME」と並んで、私的にはトム・ウェイツのアルバムの中でモノ凄く好き。"都会の土曜日の夜の孤独感"をテーマにした酔いどれシンガーソングライターのこの2nd、前作に少々ジャズ・テイストを加えながらも路線は殆ど同じで、センチメンタル度は計り知れなくバカデカイのでっす。
前作同様、全曲オススメですが強いて挙げるなら「san diego serenade」
「shiver me timbers」「heart of saturday night」「please call me,baby」「depot,depot」「drunk on the moon」(挙げ過ぎ)。とにもかくにも必殺の哀愁メロディ、ハスキーな声、何とも言えないピアノの音色などが相俟って、他のシンガーソングライターとは全く異質の味わいがありますな。

飲んでもないのに独り、渋く浸りながら酒を飲んでるかのような不思議な気分。
勿論、独りでキメましょ。
| しりとり式 名盤探検隊 | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 14:30 | - | - |









http://hunbaruman.jugem.cc/trackback/103
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ