三日坊ブ。

ナウでヤングな板...では決してナイです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
P.F.M./ PER UN AMICO ('72)


スケール感★★★★
メロディ★★★★
叙情★★★★★
緻密&精巧★★★★★

朝9時半からさっきまで、思いつく限りの家事を全てやりました。
ヨゴレな心の掃除は当分先です。

「なんて叙情的でカッコイイ素敵なアルバムなんでしょう、このアルバムは。」
なんて、いまどき英語の授業でも使わない文で書き出しちゃいましたが、イタリアン・プログレ、というかロック史において"最重要"という冠を付けてもおかしくはないP.F.M.のスーパーウルトラアンビリーバブル重要作2ndアルバムでつ。

唯一世界的に成功を収めた英語歌詞による世界進出盤「Photo Of Ghosts(幻の映像)」を母体としてイタリア語歌詞に直し、更に2曲追加して作られたのがコレ(コッチの母国語バージョンのほうがイイ)。

大海原を思わせるメロトロンとハープの美しい調べに導かれて始まり、アコースティック・ギターやマンドリン、フルートと共に柔らかで暖かみを出す繊細音&テクニカルで重厚な音&儚げな歌が転回していく「人生は川のようなもの」。軽快なドラムから各々が超バカテクなアンサンブルでめまぐるしく表情を変えていくインスト曲「生誕」。"偽りの友へ"という皮肉がこもった悲しげな歌「友よ」などなど、実にスケールの大きな曲づくり。どれをとってもエ・ク・セ・レ・ン・ト。昔かけてたのはパーマネントで某オーナー代行はハラスメント。

それでは全世界のみなさま、さようなら。田ャ尾ォ!
| しりとり式 名盤探検隊 | 16:17 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 16:17 | - | - |









http://hunbaruman.jugem.cc/trackback/115
Premiata Forneria Marconi (PFM)
〜 プログレバンドしりとり合戦 #8 〜 ・投稿コメント (杏奈さん) Pと言ったら、、、私が書くのはおこがましいんですが(^^; しりとりがどこまで続くか楽しみですね! ・補足 イタリアを代表するプログレバンド。1971年に1作目「Storia Di Un Minuto」、1972
| Progressive Cafe | 2004/11/10 4:43 PM |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ