三日坊ブ。

ナウでヤングな板...では決してナイです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Depeche Mode / Songs Of Faith And Devotion ('93)


音の壁★★★★
深&重&メロディ★★★★★
スピリチュアル濃度★★★★★


ノット・ゲッツ!(仕事)  どーも、ボク(塩が主食)です

Depeche Modeといえば、テクノポップの初期〜「people are people」に代表される硬質シンセ期〜余分な音を削ぎ落とし力強いモノへと昇華した
金字塔「Violator」もモノ凄くイイけれど、個人的にはその「Violator」の次に出された今作に、とってもとってもメロリンQ。

全英だけでなく全米でもno.1にも輝いたけど、これまでとは異質のもので好き嫌いが別れる問題作だなんて言われてますが好きさ好きさ好きさ。当時の
音楽シーンの影響もあり、これまでに無いくらい陰鬱で重厚で荘厳。でも根底のメロディには揺らぎが無い。なんか、ギリギリのところまで追い詰めて産み出されたんではないだろうか?と思える程かなりキテる内容なんです。

聴き所は、いきなりヘヴィなシンセ音から絞り出したようなヴォーカルに繋がる i feel you」。重厚シンセに荘厳なゴスペル・コーラスを被せて"音の壁"を成した名曲◆walking in my shoes」。ブ厚い手拍子と壮大なゴスペル・
コーラスをバックにヒューマンな味わいを聴かせる「condemnation」。そんなヘヴィな歌達に囲まれながらも、どこまでも美しい歌ァjudas」(歌:マーティン・ゴア)などなど全曲凄し。DM史上最も人間臭く最もネットリしたものが
テクノロジーと融合するさまは、ちょーさいこう!

そしてコレを己の墓場に持っていく。(墓場=コインロッカーの中ですヨ!)

| しりとり式 名盤探検隊 | 18:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:53 | - | - |









http://hunbaruman.jugem.cc/trackback/133
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ